■ CONTACT

キンレイ心染事務局

〒101-0065 東京都千代田区西神田1-3-6 ウエタケビル4F

Tel:03-3518-9010(平日 10:00〜17:00)

Mail: kinrei@pr-tci.jp 

■ SITE MAP

© 2019 Shinsen project

Please reload

最新の投稿

埼玉県志木市・介護老人施設

November 26, 2018

■日時:2018/11/26(月)14:00~15:00

■会場:埼玉県志木市・介護老人施設

■参加者:約30名

■演者:

奏家 風車

「猿後家」

ある商家のおかみさん、後姿はよいのだが、前に回ってみると「猿そっくり!」。あまりに言われ続けたことで度々かんしゃくを起こすようになり、店の奥に閉じこもるようになってしまった。そのため、この店では「サル」やそれを連想させる言葉は一切タブー。そんなある日、口が滑った植木屋と大喧嘩になり、おかみさんは機嫌を損ねていた。番頭が頭をかかえていると、幇間持ちで有名な源さんがやってきて……。

 

二松亭 次朝

「寄合酒」

ある夏の日、金のない男が、皆で酒や酒肴を持ち寄って酒宴を開くことを思いつく。「それはいい考えだ!」と、仲間の男たちはめいめいに、酒や酒肴を持ってくる。しかし集まったのは、的外れなものばかり。酒宴は無事に開催されるのか?!

 

■当日の様子:

朝夕冷え込む季節となってまいりました11月上旬、埼玉県志木市の介護老人施設にて落語会を開催致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に演じた風車さんは「猿後家」を披露。商家のおかみさんと太鼓判持ちの源さんの見事な掛け合いは、来場者を落語の世界へと引き込みました。「猿」と言っても、ごまかし続ける源さんとそれに迫るおかみさん…最後まではらはらさせられる展開は、会場を盛り上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二番手の次朝さんは「寄合酒」を演じました。扇子や手拭いを酒肴に見立て演じる姿は、話の中に出てくる若い男そのもの。次から次へと起こる男たちの予想を超えた言動は、大いに笑いを誘いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開演前から会場で多くの方が開演を心待ちにしていたり、「楽しみにしていたの」「よかったわ」などのうれしい言葉を頂いたりと、学生の励みにもなる声をたくさん頂戴しました。何よりも、ご利用者様が、普段あまり出さないという「声」を出して笑う姿や、落語を真剣に聴き入っている様子で、利用者様に大いに喜んで頂ける落語会となりました。

Please reload