■ CONTACT

キンレイ心染事務局

〒101-0065 東京都千代田区西神田1-3-6 ウエタケビル4F

Tel:03-3518-9010(平日 10:00〜17:00)

Mail: kinrei@pr-tci.jp 

■ SITE MAP

© 2019 Shinsen project

Please reload

最新の投稿

株式会社ハート 出張落語会

December 4, 2017

■日時:2017/12/4  10:00~

■会場:セレモ京成津田沼駅ホール(津田沼)

■参加者:一般市民 約40名

 

■演者:

・日常 茶飯治「時うどん」

屋台のうどん屋で、良くしゃべる男がお世辞を言って勘定1文をごまかすところを目の前で見ていた、もう1人のぼーっとした男。「よし、自分もマネしてみよう」と、翌日早めに

うどん屋に行くが…。

 

・田町家 巷「まんじゅう怖い」

暇を持て余した男どもが集まって、嫌いなもの、怖いものを言い合おうとなり、まんじゅうが怖いという男がいた。「あいつ気に食わないから、懲らしめてやろう」と、企みますが…。

 

・酒乱苦 雑派「猫の災難」

猫の病気見舞いに特大の鯛をもらって、食べ残りを捨てに行くという人がいて、酒の肴にしようともらった。しかし、この男一文無しで、肝心の酒がない。「今度は、猫が見舞いに酒をもらってくれないかな」なんて考えていると…。

 

■当日の様子:

冬本番の12月初旬、葬儀場の見学会より出張落語会の依頼を頂き、3名の学生落語家が元気いっぱい古典落語を披露しました。

トップバッターは茶飯治くん。「時うどん」はまさしく寒い冬の日を舞台にした噺で、この季節にピッタリ。熱々のうどんやだしをすするシーンは、観客の心も温めてくれました。うどん屋の屋号を“なべやき屋キンレイ”とアレンジする、機転の利いた企業PRも上手に織り交ぜてくれました。

 

2人目の巷さんは、「まんじゅう怖い」を披露。怖いものを言い合おうという話になり、「まんじゅう」が怖いという男がいた。寝床にたくさんのまんじゅうを置いて怖がらせてやろうと企むも…まんまと男の思う壺。口では「怖いよ~怖いよ~」と言いながら、まんじゅうを頬張る演技はおかしく、笑いが沸き上がりました。

 

 

トリの雑派くんは「猫の災難」を披露し、落語会を締めくくってくれました。酒を飲みシーンが見どころの噺。さすが、高座名に酒と入っているほど、酔っ払いの演技はお見事。酒を飲むたびに、どんどん酔っぱらっていく演技は観客の心をつかみ、会場も思わず酔ってしまいそうでした。お客様にとって孫世代にあたる学生のフレッシュな落語に、笑顔溢れる会となりました。

 

 

Please reload