■ CONTACT

キンレイ心染事務局

〒101-0065 東京都千代田区西神田1-3-6 ウエタケビル4F

Tel:03-3518-9010(平日 10:00〜17:00)

Mail: kinrei@pr-tci.jp 

■ SITE MAP

© 2019 Shinsen project

Please reload

最新の投稿

エクセルシオール山武

June 17, 2016

■日時:2016/6/10(金)14:00~

■会場:エクセルシオール 山武(千葉県山武市)

■参加者:入居者・近隣の住民・スタッフなど 約50名

■演者:

・橘亭 カレーぱん

「金明竹」

骨董店で小僧と妻が店番をしていると、上方の男がやって来た。

早口で難解な上方弁で一気にまくしたてられ、何を言っているのか全く理解できず、

とんちんかんな解釈をする…。

・平家 まつえい

「蝦蟇の油」

その昔、縁日などでは口上とともに物を売る姿が多く見られた。

中でも調子のいい口上でふんぞり返っていたのは、蝦蟇の油売りだ。

ところが手にした売上げで大酒を飲んでしまった彼は、

べろべろに酔ったまま商売をはじめた…。

 

■当日の様子

梅雨の合間の快晴の日。九十九里浜のすぐ側、海風が気持ち良くそそぐエクセルシオール山武にて、出張落語会を開催しました。入居されている方とあわせて、近隣の方もご招待頂き、会場いっぱいのお客様に、学生たちは少々緊張ぎみ。開演前、会場は学生たちの登場をワクワクと待ちわびている様子でした。

一番手は、橘亭カレーぱんくんの披露する「金明竹」という噺。小僧と妻が店番をしていると、上方者らしき男がやってきました。早口で難解な上方弁で、何を言っているのか全く理解できず、とんちんかんな解釈をするという滑稽なお話です。関西に住んでいたこともあるというカレーぱんくんにとって、上方弁はお手の物。テンポのいい上方弁の長台詞に、思わずお客様は聞き入っていました。

 次の平家まつえいさんが披露したのは「蝦蟇の油」という、傷・腫物何でも治すという薬売りのお話です。見事な口上を演じ、お客様を引き込みます。後半は儲けた金で酒を飲み、べろっべろに酔っ払った男を熱演しました。可愛らしい容姿とはギャップのあるダイナミックな演技で、「それはもう、本当に酔っ払っているようにしか見えません!」酔っぱらって、まさかの英語バージョンの口上に、会場には笑いが生まれます。大盛況のまま、幕を閉じました。

落語会の後、お茶会にも参加させて頂きました。茶道の先生が立ててくれた抹茶とお菓子を美味しく頂きました。先生に作法も教えて頂くという貴重な経験に、学生達は緊張しつつも楽しんでいました。エクセルシオール山武の皆さんから、たくさんのおもてなしを受け、温かい気持ちになる一日でした。

 

 

Please reload